2月 162012
 

私は情弱でした。

DSのWi-Fi通信はその仕様上、本体に依存データがあり、別の本体を用意しても依存関係を更新しないとネットワークに接続できません。
但し、依存関係を更新すると、今まで使っていた依存関係は無効となり、関係するデータは消去しなければなりません。多くのゲームで言えば、Wi-Fi通信の戦績リセットとかになります。

流星のロックマンシリーズはブラザーバンドシステムで友達を登録することで、それがバトルを大きくサポートすることになりますが、それゆえにブラザーバンドはお友達登録機能としてお手軽なものではなくて、いかに強くて都合のいい友達を作るかみたいなシステムになっちゃってたりします。
対戦を本気で楽しむ場合、ブラザーデータは重要な要素ですので気軽に消せないわけですね。

なので、DS本体買い換えとかで困るわけです。で、私は初期DSに流星1、DS Lite に流星2および3が依存してます。普段はLiteを使い、Wi-Fi通信時にそれぞれ本体を合わせる感じでした。

が・・・!

ニンテンドー Wi-Fiコネクション

ユーザーが手動でWi-Fi情報移行できるなんて知らなかったよ!
5年以上経って知るって・・・かなり大事な事なんで、任天堂さんはもっと知らせるよう努めてほしい。

固有情報を移動することができるため、依存する本体を変更することができます。複数の本体に対応させたり、複数の本体情報を1台にまとめるのは不可能なので不便さは残りますが、知ってるのと知らないのとじゃ大違いだと思うのです。
これで新しい本体にブラザーデータの移行が可能となります。私のように複数台に依存してる場合は、1台にまとめられないのが残念ですが(移行先の固有情報は上書きされるので注意)。

ちなみに、DSから3DSにも移行ができますが、その逆はできないようです。3DS間の移行はできるようですが、3DS持ってないので未確認です(‘3‘)

ということで、ろくこんぼ参加予定者は流星3の準備を進めましょう。もしかして、常識だったりする?
ろくこんぼは18日22時より参加受付開始ですので要チェックです。先着30人なので忘れないように。

ろくこんぼ 参加受付 : このときも!このときも!この…

コメントを残す

Top