お知らせ

 

追いかけてる情報や当サイトからのお知らせをまとめます。

イベント情報

特になし。

過去のイベントはこちらを参照。

発売情報

ロックマンエグゼ合宿

ロックマンエグゼシリーズを振り返るゲーム合宿をまったり進行中です。最終回となる第6回を2016年内予定で検討中。過去分については特集を参照。

9月 042016
 

引き続きUnityの記事を書き溜めていたので放出。

Unityでシリアライズ可能なコレクションは、Listだけです。但し、当然ですが、型引数もシリアライズ可能型を指定してやる前提です。

C#のListはいわゆる配列リストってやつで、C++でいうvector、JavaでいうArrayListに相当します。C#にもArrayListは存在しますが、古い機能のため非ジェネリックです。

ともかく、Listは内部実装として配列を持つため、List<T>ならば、T型配列としてUnityがシリアライズしてくれるわけですね。Listだけシリアライズ可能なのはまあ納得です。

とはいえ、Listだけで事足りるかというと、LinkedList(連結リスト、線形リスト)やDictionary(ハッシュマップ)あたりは欲しい感じです。

ScriptableObjectやJsonUtilityでシリアライズ・デシリアライズするとき、ISerializationCallbackReceiverを実装していると、シリアライズ前、デシリアライズ後に決まったメソッドが呼ばれます。これを利用してコレクションをListに変換してシリアライズできます。公式ドキュメントでもこれを利用してDictionaryをシリアライズ・デシリアライズするサンプルが掲載されています。

※OnBeforeSerializeとOnAfterDeserializeを実装しますが、何故かOnBeforeSerializeに解説が集中しているのでそっちのリンクを掲載。

この場合、インスペクタを介したリアルタイムな編集はできませんが、永続化が目的ならばこれで十分でしょう。LinkedListやDictionaryをインスペクタで触れるようにするとむしろ怖い。

そんなこんなで、Unityで使用可能なC#のコレクションをISerializationCallbackReceiver実装クラスで一通りラップしてみたので、以下に公開します。

Continue reading »

9月 042016
 

なんだかんだUnityとの付き合いが多いので、メモがてらあんまりネット上で見なかったり見つけにくかったりする情報をまとめる感じで。

今回はenum型(列挙型、列挙体)のシリアライズについての話です。前回「C#のenumの使い方」の続きでもあります。本当は同じ日に仕上げるつもりでしたが、長くなったので分離しました。enumそのものの使い方は前回の記事にまとめておいたので、その知識は前提とします。

Continue reading »

8月 142016
 

仕事が忙しすぎて書きたかったネタが全然まとまらずに、技術関連の文章がまとまっていくアレ。

C#でのenumの使い方を簡単にまとめ。

私はWPFよりかは基本的にUnityでC#使ってます。Debug.Log()はUnityでのコンソール出力です。

public enum Type
{
    Invalid,
    A,
    B,
    C,
}

特に断りなければ、こんな定義のenum使ってると思ってください。

C#のenumは内部的には整数型です。値の割り当てを省略すれば、先頭では0が割り当てられ、以降は直前の定義に+1した値となります。C/C++でもおなじみのよくあるルールです。Javaはすっこんでいてください。

公式ドキュメントはこのあたり。言語機能そのものの説明はあまりしないので、詳しく知りたかったら自分で調べてねという感じで。

Continue reading »

6月 302016
 

遂に発売されましたね、Mighty No. 9(マイティーナンバーナイン、以下MN9)。

私の周囲では、既に多くの人が発売初週で難易度ノーマルをクリアしていました。それなりに難しいアクションゲームだと思いますが、さすがロックマンで鍛えられている人たちです。私もRAY編までクリア済みです。

MN9は、かつてのロックマンを思い起こさせるような、「死んで学んで乗り越えろ!」という古風なアクションゲームです。最近の軟弱なゲームと同じ遊び方をすると阿鼻叫喚となるわけです。

しかし、いたずらに難しくしているのではなくて、ちゃんと解法をいくらか用意して作られていて、理解して上達した時、現代的なハイスピードアクションに化けて、最高に気持ちよくなれるバランスに仕上がっています。そうそう、こんなアクションゲームが好きなんだ。

とはいえ、面食らった人も多いようですね。ロックマンとの違いに戸惑ってる人も多く、まさに賛否両論。しかし、私は好きです。

というわけで、いまMN9を楽しんでいる人たちが、集まって、MN9について語り合おうぜ!という場を設けます。

「Mighty No. 9非公式MTG」
時間:2016年7月2日(土)22:00~
配信場所:CaveTube

詳細は主催o.sさんの記事で。

発起人であるo.sさんに声をかけられ、私も喋ります。興味がありましたら、アイ・アム・マイティ!と叫ぶ勢いでチャットを盛り上げてくれたら幸いです。

こういうゲームこそ体験を共有すると楽しいと思うので是非。

4月 272016
 

【配信場所】
CaveTubeにて16時頃から配信します。

【参加者を確定しました(4月28日)】
参加受付を終了しました。今回の参加者は、ゼロカゲ、DINN、ぷらなりす、U/O(敬称略)の4人+主催(ウィザまん、宮臓)の2人です。当日はよろしくお願いします。

(お知らせここまで)

突然の告知となりますが、今週末にエグゼ5合宿をやります。

エグゼ10周年のときに始めたエグゼ合宿は、第4回まで継続しましたが、その後、長いことブランクが空いてしまいました。ですが、今年はエグゼ15周年を迎えました。花やしきコラボが開催され、多数のオリジナルグッズが現在通販中であり、今後もサウンドBOX、アレンジベストトラック、4インチネルといった充実のグッズ展開が待ち受けていて、とても勢いある流れの中にあります。やるなら今だろう、と。

いつものメンバーに声掛けして、日程だけは先月のうちに決めていたのですが、私の方が体力なくてちゃんとした告知ができずにいました。すみません。急な話ですが、一緒に遊びたいという人の参加も受け付けますし、生放送もするので好きな時間にだらだら眺めてもOKです。15周年をともに楽しめたらいいなと思います。

Continue reading »

4月 172016
 

このブログに移行してから、しんちゃんの話題に触れるのは初めてかもしれませんが、私はクレヨンしんちゃんが大好きです。

私はコアなファンだとは言わないけれども、幼い頃から20年以上愛し続けている唯一の作品がクレヨンしんちゃんであり、かなり思い入れが強いです。しんちゃんだけは毎年必ず観続けています。私の価値観にも大きく影響があったと思いますが、「人間の面白さ」「人間の魅力」を受け入れやすい形で幅広い世代に伝えていけるのが、この作品の強い魅力なのかなと今は思います。クレヨンしんちゃんでしかできない絶妙なバランス感があると思うんです。

さて、昨日4月16日に公開となった、2016年の映画「クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃」を初日のお昼に観てきました。とても良い映画でした。個人的に、かなり理想的なしんちゃん映画なのではないかと思います。

しんちゃん映画については、過去に長々と感想を書いたこともありましたが、なんやかんや忙しくてやめてました。ロボとーちゃんのときは書こうと思ってたんだけど。今ならまあ落ち着いているし、私の頭もスッキリしているので都合がよいかと思い、久々に感想を書こうと思いました。長々と。

重大なネタバレは避けますが、ある程度は話の内容に突っ込んでいきます。事前情報なしで観たほうが面白いとも思ってますので、ユメミーワールド気になるって人は是非、映画館で観てきてください。

Continue reading »

3月 212016
 

(23:00追記)インタビュー記事のリンクを追加。

本日、2016年3月21日でロックマンエグゼは1作目の発売から15周年を迎えました。本当に本当におめでとうございます!

エグゼは私が最も思い入れのある作品であり、文字通り、私の人生を変えた特別な作品です。エグゼに触れてプログラマに憧れ、ゲームプログラマとして働き始めて1年という節目です。相当こじらせたわけで、私にとってとても意義深い日であると感じています。

だからこそ、抱えている想いはとてつもないものがあります。書ききれないですし、今は書きません。本当はちゃんと何かしてあげられたらよかったのだけど、せめてお祝いの言葉ぐらいはブログにも残しておきたいなと思ってブログ書いてます。

今日は花やしきとエグゼのコラボ最終日「ハナヤシキファイナルミッション」とか、カプコンバーで熱斗&ロックマンのパフェがあるホワイトデーメニュー最終日とか、楽しみが多いので、思う存分楽しんでこようと思います。過去の作品、ではなくて、私の中でまだ生き続けているのですから、楽しまなくちゃね。

エグゼの思い出については、以前、「R・Style Vol.02」という同人誌で簡単に触れたこともあります。私の文章はともかく、他のコラムやイラストが素晴らしいのでエグゼ好きさんはチェックしてみて欲しいです。

15周年の公式の動きとしては、画集「ロックマンエグゼ オフィシャルコンプリートワークス」が復刊したことも大きな話題です。これとても良いものなのですが、プレ値がついていて入手困難であったため、持ってないファンは必ず買っておいてください。既に在庫切れてますが、近いうちに入荷するはずです。

それと、ゲームメディアであるインサイドで、エグゼ15周年企画としてスタッフへのインタビューが実施され、本日12時公開予定だそうです。楽しみですね。事前にアンケートを募集していて、ファンから寄せられたメッセージは0時ジャストに公開され、ちょっとしたお祭り騒ぎになりました。愛されていますね。

私がアンケートで書いたことを手元に残していたので最後に掲載しておきます。どれか採用されていたら嬉しいな。

(追記)

予定通り公開されました。なかなか読む暇なかったですが、帰宅したのでじっくり読みます。

花やしきは最後までいられませんでしたが、サントラBOXやアレンジサントラ他グッズなどなど、今後のエグゼに関する展開が発表されたようです。

(追記おわり)

ちょっとした予告をして締めます。

せっかくの15周年なので、10周年のときに始めたエグゼ合宿を再開したいなと考えています。エグゼ4までやったので次はエグゼ5。予定は未定ですが、そういう振り返る機会は大事だと思います。やるなら配信もするので、一緒に楽しんで頂けたらと思います。

Continue reading »

Top