2月 212014
 

どうも。お久しぶりです。
色々と書きたいこと、やりたいこと、あるんですけども、なんだかんだで就活大変ですね。まあまあ頑張ってます。

それはともかくとして、今回はC++の話です。

とあるSDKがヘッダでusing namespace std;してるって話題を見まして、要は、名前空間を汚す(※)のって良くないよね行儀悪いよねということですよね。でも、名前空間の指定を省略できるようにすれば、冗長さがなくなって実装しやすいわけですから、グローバルな名前空間を汚さずにその恩恵を受けたいものです。たとえば、あるクラスがstd::vectorとかstd::stringとかメンバ変数に持っていたり、メンバ関数の引数や戻り値に持っていたりしたら、私は冗長に思うわけです。クラス定義の範囲でusing namespace(using指令)したいよねと。あるいは、クラス名を直接指定するusing宣言でもいい。しかし、どちらもクラス定義に書けないわけです。

という話題を投げたら、typedefでできる?って言われまして。あ、できるねと。テンプレート書いてる時ぐらいにしかtypedef使ってなかったので盲点になってました。せっかくなので、usingとtypedefを使ってみて、どんな違いがあるのか確めてみようと思いました。これが今回の内容になります。

※「名前空間を汚す」以外の言い回しが思いつきませんでした。ここでいう「名前空間」は、C++の言語機能である名前空間(namespace)ではなくて、一般的な意味での名前空間です。混乱させてたらごめんなさい。

Continue reading »

8月 162013
 

WordPressには色んなテーマがあるんですが、多すぎてお目当ての物を探すのには苦労します。そこらへんに転がってる野良テーマを使うとセキュリティ面で問題があるという話もあるし、公式に配布されているものを使うのが無難でしょう。タダだし、更新チェック効くし。そうして私が探した中で、唯一これだ!と思えたのが、現在使っている「Suffusion」です。

Suffusionはカスタマイズ項目が豊富なのですが、ほとんど手つけてないです。ヘッダの下にメニューバー追加したぐらいですかね。あとは直接コード書いてたりしてますが、それについてはあとで触れます。ともかく、ほとんどいじらなくていいぐらい完成度が高く気に入ってます。シンプルで見やすいのがいいんですよ。

WordPressは本体・テーマ・プラグインの最新版がないか自動でチェックしてくれます。Suffusionの開発は盛り上がってるみたいで、全然更新されなくて放置ということがないのも魅力だと思います。ただ、テーマを更新するとカスタマイズした項目がリセットされてしまいます。その度に設定し直すのはしんどいので、スマートな解決手段として、WordPressには子テーマというものが用意されています。

子テーマ(child theme)とは、ある既存のテーマを親として、親テーマの一部を書き換えたり、内容を追加したりすることができます。既存のテーマを拡張することになるので、一からテーマを作るより手間がかかりません。そして、親テーマに対するカスタマイズを子テーマとして切り出すことで、設定項目は子テーマとして管理されますから、親テーマを更新してもカスタマイズ内容が失われないわけです。便利ですね。なので、何らかのカスタマイズをしたいならば、子テーマで対応するのがいいでしょう。ということで、やったことをメモ書きの意味も兼ねてまとめます。

Continue reading »

7月 042013
 

(2015/12/21追記 VBScriptコードのAUCパス設定を修正、OneDriveでスクリプト公開)
(2014/08/17追記 VBScriptコードの比較ミスを修正)

AviUtlという有名なフリーソフトがあります。これは単体では動画のカットやフィルタなど簡単な編集ができますが、各種プラグインを導入することで対応フォーマットが増えたり、動画編集機能が大幅に強化されたり・・・とフリーソフトにしてはかなり優秀で、私もエクストルーパーズの動画をニコニコやYouTubeに投稿する際に利用させてもらいました。「拡張編集」プラグインで編集し、「拡張 x264 出力(GUI) Ex」プラグインで.mp4出力しています。編集と.mp4出力がこのソフト1本で完結するのですごくありがたい(もちろん必要な環境を準備すればの話)。

まあ、今回は動画編集じゃなくて、単にエンコードするだけの話なんですが。

HDキャプボ買ってから、エクストルーパーズの対戦動画をよく撮るようになったんですが、これがたまるたまる・・・。録画ファイルは.aviなのですが、そのままだと非常に重いので、.mp4にしないとすぐにHDDがパンパンになってしまいます。今まで、自分でファイル名を入力して、ひとつずつバッチ登録して、バッチ出力で寝てる間に一括してエンコードしてました。が、このバッチ登録は手で行う必要があったため、それがめんどくさくて後回しにしてると、動画がたまるたまる・・・。

で、自動化できないの!?というのが本題。

ここで紹介するスクリプトはOneDrive上に配置したので、下記からダウンロードして下さい。

Continue reading »

Top