11月 152016
 

エクストルーパーズ!(挨拶)

告知が遅くなってしまいましたが、もちろん今年もやりますよ、対戦会。

概要

「エクストルーパーズ4周年記念対戦会」

開催日時:2016年11月22日(火)21:00~

※開始時間はあくまで目安
※終了時間は各自が気が済むまで

この時間に集まろうというだけのゆるいイベントなので、誰かが部屋を立ててたら、そこに入るだけでOKです。ルールも特に決めませんので、自由に楽しんでください。

誰でも参加できますが、対戦慣れしてない人は、私が以前書いた対戦まとめ記事を読んでおくといいと思います。

翌日の11月23日は毎年、勤労感謝の日で休みなので、どうぞ対戦漬けの夜を過ごしてくださいって感じですね。もしかしたら翌日も盛り上がるかもしれませんね。

配信について

今年もCaveTubeで垂れ流し配信しようと思います。だいぶ鈍っちゃいましたが。後日、録画を公開するということはありません。

連絡先

当日何かありましたら、下記の連絡先を使用してください。私がいるかどうかはTwitterで様子を見てください。

12月 282015
 

※2016/01/03 ロマン・トマ氏の画集紹介、河森氏らインタビュー記事リンク、「マクロスΔ #1 先取りエディション」を追加

エクストルーパーズ発売3周年おめでとうございました!(2015/11/22)

3周年記念で絵を描きたかったんだけども仕事忙しかったから仕方ないね。そのうちなんか描きます。

今年も対戦会は大いに盛り上がりました。いつも一緒に遊んでくれるみんなには感謝しています。

公式Twitter消失

さて、今年はエクストルーパーズのTwitter公式アカウントが消滅(現在、同じIDが他の人に取られています)して、数々の貴重なイラストが閲覧不可になってしまいました(ローカルには保存してますが・・・)。会社的には大した意味はないんでしょうけど、我々ファンにとっては重大な事件でした。

過去の動き

しかし、エクストルーパーズは作り手にもとても愛された作品です。1周年と2周年の動きは、2周年のときに書いた記事にまとめたとおりで、壁紙と音楽とメッセージが公開されました。CAP’STONEの過去記事も改めて張りますね。

3周年記念サントラ・壁紙配信

そして、3周年でもまたやってくれました。

なんと!完全版オリジナルサントラとアレンジサントラが各音楽配信サイトで配信開始です!ジャケットも書き下ろしで壁紙として公開されました!今回は小嶋Pからもメッセージを寄せてくれました!(※サントラは少し早めに11月20日に配信開始してました)

下記にリンク張りますが、検索で探す時は「エクストルーパーズ」ではなく「E.X.TROOPERS」で探さないとヒットしないかもしれないので注意です。

各配信サイトでは旧サントラ「E.X.TROOPERS – The Bounded Soundtrack -」も配信されているようです。曲数は絞られていますが、1枚のCDとして楽しめるよう特別にミックスされたものになり、違った魅力がありますので、こちらも持ってない人は聴いてみてほしいです。

各メディアにも取り上げられたのが嬉しかったので、そっちも掲載。

オリジナルサントラはマンガデモ用の曲も含めた全曲入りで、ループもしっかりしていて、まさにオリジナルサントラとしての完成形です。ディスコグラフィーにあるコメントによれば、配信限定だからボリュームを気にせず詰め込んだ結果として約5時間20分の大ボリュームとなったそうです。全曲が北川保昌さん1人による担当なので、恐ろしい仕事量です・・・!マンガデモ曲を聴いて名シーンが脳内に蘇りますね!何度も見てるけど!3DS版のホーム画面のジングルや、グヴァンテ戦のStarry Conversation – Bunny mixが収録されているのも嬉しいです。

アレンジサントラもお馴染みの曲やフレーズが揃ってひと味違う、より広がったエクストルーパーズの世界に浸れるような楽曲が集まっています。北川さんがTwitter上でアレンジ希望を募っていたのがここに繋がっていました。感謝しきれません。ディスコグラフィーには1曲ずつコメントがありますので、ちょっとした工夫など意識しながら聴くとまた違った魅力が見えるでしょう。ちなみに「The Last Shooting Star」の元となったフルボーカル版「Shooting Star」は一部だけ過去にCAP’STONEで公開されています。歌っているのは北川さん自身。とても良い声です。オトレンのときも良かった。

クリスマス版スタカン公開

さらに今年はStarry Conversationのクリスマスバージョン「Starry Conversation – Merry Christmas」も公開されました!すごい!CAP’STONEのスタッフブログからダウンロードできます!

ロマン・トマさんの画集に背景画が収録

エクストルーパーズのアニメPVはサテライト制作です。サテライトの一員として、アニメPVの制作に携わったロマン・トマさん初の画集「LOST IN ANIME ロマン・トマ DESIGN WORKS」が7月末に発売されました。

ロマンさんがアニメーターとして活躍した10年間を振り返るような内容の画集となっていて、担当した作品のひとつとしてエクストルーパーズも6ページ分収録されています。ロマンさんは、実田さんによるキャラクター・美術設定をもとに、PV用の美術設定を担当されました。そのときの背景資料がいくらか掲載されています。また、エクストルーパーズに関わったことは、刺激的で勉強になる体験であったことをコメントで書かれています。

また、5月15日にロマンさんのTwitter上で、画集にも収録されているエクストルーパーズの背景画1点を例に挙げて、背景作成のワークフローを紹介されています。ちなみに、画集にはこの背景資料の途中経過は収録されていません。

その他にも様々な技術を紹介されていて、それらが下記の記事にまとまっていますので、興味がありましたらどうぞ。

画集を購入したい方は、この記事を書いている時点では、アマゾンだと値上がりしているので、サテライト★アニメストアで買うのが良いでしょう。送料かかりますが、それでもまだ安いです。

実田千聖さんがマクロスΔキャラ原案を担当

まだ話題は尽きなくて、イラスト・キャラデザ担当の実田千聖さんはTVアニメ「マクロスΔ」のキャラ原案(≠キャラデザ)にも抜擢され注目を集めています。マクロスΔは小嶋Pのモンハンクロスとのコラボもあり、カプコンと関連が深いようです。また、マクロスΔはエクストルーパーズのアニメPVと同じくサテライト制作です。

アニメPVの制作に関わっていたロマン・トマさんがマクロスΔの世界観デザインを担当していますので、エクストルーパーズを縁として実田さんが抜擢されたのかもしれません。実田さんは背景担当が主な仕事であったため、キャラデザ業はエクストルーパーズが初でしたから、異例な経歴です。

(2016/01/03 追記)
年末にTOKYO MXで放送された、「マクロスΔ #1 先取りエディション」が放送終了後にすぐ無料配信されました。本放送は2016年春からとのことですが、この先取りエディションだけでもかなりワクワクさせる内容になっています。実田さんの絵がぬるぬる動くだけでも嬉しいので、期待が膨らむばかりです!

また、マクロスシリーズを作り上げてきた河森正治監督を交えた、エクストルーパーズのスペシャル対談記事があったことを思い出したので、紹介します。

実田千聖さんがTwitterを開始

実田さんはエクストルーパーズ3周年の日にTwitterアカウント(@mitachisato)を開設されたので、個人として売出し中なのかもしれません(カプコン在籍中のデザイナーが表に顔を出すのは珍しい)。

今のところ、実田さんは毎日何かしら発言されていて、時折エクストルーパーズの貴重な資料が公開されますので、ファンは要チェックやで!気がついたときにはTogetterにまとめていこうと思います。

おわりに

そういえば、エクストルーパーズの主題歌「Mr. Super Future Star」を歌ったMay’nさんが所属するフライングドッグもマクロスΔに関わっていますね。これはもう実質エクストルーパーズですね。この先の楽しみの一つです。

エクストルーパーズをきっかけにして、その後の未来が築かれていくのってなんだかワクワクします。私もエクストルーパーズに影響を受けた一人として、新たな未来を築いていきたいと思います。そんな元気をもらった3周年でした。

そんなこんなで、3年経ってもまだまだ冷めないこの熱を乗せて、ブレンのセリフで締めくくろうと思います。

「大冒険の始まりだ!オレ、命ガケ!」

11月 032015
 

エクストルーパーズ!(挨拶)

11月に入り、あの日が近づいておりますよ。ということで、今年もやります、ギンギラ対戦会!

概要

「エクストルーパーズ3周年記念対戦会」

開催日時:2015年11月22日(日)21:00~

※開始時間はあくまで目安
※終了時間は各自が気が済むまで

この時間に集まろうというだけのゆるいイベントなので、誰かが部屋を立ててたら、そこに入るだけでOKです。ルールも特に決めませんので、自由に楽しんでください。

誰でも参加できますが、対戦慣れしてない人は、私が以前書いた対戦まとめ記事を読んでおくといいですよ。

配信について

今年はCaveTubeで垂れ流し配信でもしようかと思います。後日、録画を公開するということはありません。

ただ、当日は私が仕事で遅れる可能性があります(なければいいな)。そのため、開催時間になっても配信しているとは限りません。

連絡先

私がいないときの対応を零式(れいしき)さんにお願いしています。当日何かありましたら、下記の連絡先を使用してください。

  • Twitter:@RTTN001
  • PSN:bahamu_zero_gil

もちろん、私がいるときは私の方でも対応します。私がいるかどうかはTwitterで様子を見てください。

前日にも対戦が盛り上がってると思いますので、そちらにも顔を出せたらなと思っています。

ギンギラ、よろしく〜。

1月 272015
 

エクストルーパーズ面白すぎますね。発売から2年以上経過してるのにまだ遊んでる。今でも検証して細かな発見があったりして、その完成度の高さに驚かされます。

普段は対戦ばかり遊んでいますが、今回は気分を変えるつもりでEX3の攻略動画を作ってみました。

EX3はこのゲームで最難関のミッションなのですが、協力前提の難易度であるため、クリアできないという嘆きを未だに目にします。EX1とEX2をオフラインでクリアする動画はサクッと作ってあり、再生数もとても伸びたのですが、EX3は流石に私もめんどくさくて放置でした。あれから時間を置くことでモチベが上がったし、需要もまだありそうだということで気合を入れて作ってみました。

エクストルーパーズって単純なようでいて、爽快なアクションを実現するために実に様々な工夫や調整が施されています。これはもうカプコンのお家芸と言えます。それを理解できると一気に上達して楽しみが広がるので、なるべく説明していきたいなぁと思い、とても説明の多い動画になりました。この動画だけでは説明しきれていないこと(宙返りダッジとか)ももちろんありますが、「突き詰めるとこんな遊び方ができるよ!」とエクストルーパーズの魅力が詰まった動画になったかなぁと思います。

ほんとはプライベートで忙しいのでこんなことしてる場合じゃないんですけどね。息抜きのつもりが気がついたら動画ができあがってたぜ!ハハハ!って感じで、あとで投稿しようと思ってたんですが、ちょうどEX3やってる人をちらほら見かけたのでもういいかなって。

エクストルーパーズの考察・検証は楽しいので、今後も知識のまとめはやっていきます。

Continue reading »

11月 242014
 

エクストルーパーズ発売2周年おめでとうございました!

エクストルーパーズ発売2周年記念

対戦会は最大同時4部屋できるほどの盛況ぶりで、久々にがっつり遊べてとても楽しかったです。参加してくださった皆さん、本当にありがとうございました!

昨年、1周年の日には、記念壁紙(主に画集でのみ公開されていたキャライラストを並べたもの)と挿入歌「Re@union」の別バージョンが公開されました。

これだけでも大変にありがたいことなのですが、なんと今回は2周年のためにキャラデザ・実田千里さんが壁紙を新たに描き下ろしてくださり、作品の顔とも言える挿入歌「解放レゾナンス」の開発中英語歌詞バージョン「The Resonance」がフル版で公開されました。

本当に嬉しかった。文字通り涙が出るほど嬉しい。「The Resonance」をループで流しながら、壁紙をじっと見つめる時間。すごく癒やされ、幸せな気持ちになりました。

なんでこんなに嬉しいのかって、私がそれだけ思い入れを持っているというだけではないんですよ。作り手もこの作品を愛しているということが直接伝わってくるんです。そして、他のファンみんなと一緒になって盛り上がる。色んな人の強い想いが集まっているからこそ、こんなにも嬉しい。そんな力強い作品ってなかなか巡り会えない。

エクストルーパーズはファンにも作り手にもとても愛され、たいへん幸せなことであると感じます。商業的には成功しなかったかもしれませんが、この作品は10年後、20年後も愛され続けているのだと確信します。

そんな作品が誰かの心を動かし、何かを変えていくのでしょう。実際、私も少なくない影響を受けていて、これから社会人として、ゲームプログラマとして生きていくための原動力になっています。そして、それは作り手にとっても同じなのでしょう。作中の音楽をすべて担当された北川保昌さんのメッセージを読み、そう思いました。

発売から二年が経っても、周囲からは引き続き暖かい応援をいただいており、
本当に感謝の気持ちでいっぱいです!

そんなエクストルーパーズ、今でも僕の中の「マスターピース」であることに
何ら変わりはありません。
普段、過去に作った曲をあまり聴き直したりしないのですが、
エクストルーパーズに関しては時々聴いてしまいます。
聴くと元気が出るのです。
…自分の曲を聴いて元気を出す、というのは少し変かも知れないですね?
なぜ元気が出るのかと言いますと、「この音楽を聴くと元気が出る」という
お声をいただくからです。
「これを聴いて元気を出した人がいるんだ」と想像しながら聴くと、
僕も元気が出てくる、というわけです。
「元気」に限ったことではありませんが、そのようなお声をいただけるなんて
作曲者冥利に尽きるなぁとつくづく感じます!

この感謝のメッセージを読んで、私はファンでいてよかったと思うのです。

これからもエクストルーパーズは北川さんや実田さん、その他すべてのスタッフの中で輝き続け、今後の活動を支えていくのでしょう。そんなエクストルーパーズの輝きを保ち続けていきたい、今後も応援し、感謝していきたいと、いちファンとして思うのでした。

何度も言っていることですが、私はこの作品に出会えてよかった。この作品を好きになってよかった。

最後に、キラキラちゃんの言葉を借ります。

「この出会いに感謝します」

11月 152014
 

エクストルーパーズ発売2周年まで1週間を切りました。去年と同様に、今年も当日に対戦会をしたいなと考えています。

ただ、今回は私が準備など時間をあまり確保できないため、みんなで集まろうぜと呼びかけるだけにします。特にルールは決めないですし、自由に遊んでください。Ustreamでの配信もしません。

というわけで、告知内容はシンプルに。

「エクストルーパーズ2周年記念対戦会」

開催日時:2014年11月22日21:00~

※開始時間はあくまで目安
※終了時間は各自が気が済むまで

誰かが部屋立てて、そこに入るだけ。少なくとも、2部屋できると思う。周りのギンギラ勢に教えてあげてね。

誰でも気軽に参加していいですが、だいたいお馴染みのメンバーでしょう。もし、そうじゃない人がいましたら、wizaman宛にPSNでメッセージを送ってくれれば人数調整とか可能な限り対応します。対戦についての知識は以前書いたギンギラ対戦まとめを参照。

それでは、今年もみんなでギンギラ一番星を目指してシャキッとしましょう!

7月 282014
 

今更ではありますが、「開発中止に至ったロックマンDASH3がエクストルーパーズに作り直された」という噂話を否定します。途中まで書き上げた文章を1年以上放置してたのですが、それを仕上げました。

ただ、本当に偏見を持っている人を相手にするだけ無駄だとも思っていて、説得することが目的ではないです。タイミングも逃してますしね。なので、実際どうなんだろう?ということを資料として残すことが目的です。

ほんとは淡々と事実だけ列挙できればいいんですが、物事の捉え方にも言及しているため、クソ長くなりました。読む人は覚悟してね。

Continue reading »

Top