4月 222011
 

4月21日21時よりニコニコ生放送上で放送された「ゲームのじかん 第38回」において、ロックマンDASH3に関する様々な新しい情報が発表されましたので、ここにまとめます。プレイしながらの解説もありましたので、そこで得られた情報も含みます。もしかしたら、あとで見やすく編集しなおすかもしれません。

<プロローグ編配信>
3DS向けオンライン配信サービス「ニンテンドーeショップ」は5月末より開始します。このロンチタイトル(立ち上げ時に同時に配信開始となるタイトル)として「ロックマン DASH 3 THE プロローグ!ゲームのウラ側見せちゃいます編」が200円でダウンロード販売されます!

震災の影響で体験会が中止になったので、別の機会で必ず体験の場は用意すると思ってましたが、なるほど、ここに都合合わせるのですね。しかし、この場合、体験するためにはニンテンドー3DS本体を所持していなければどうにもならないので、その点ではまだまだ多くの人に遊んでもらうというところでは不十分かもしれません。
体験版というよりは開発室に参加するコブンのための試作、と捉えていますが、無料ではなく200円かかることに関しては、こんなところで利益貪ろうとしてるとは思えないので配信上の都合があるんじゃないかと推測。

<新主人公・バレット(BARRETT)>
新ヒロインデザインコンペでユーザー投票によりデザインが決定した「エアロ」のパートナーに当たるキャラのようです。15歳。熱血漢で説教臭いとか。キャラクターボイスは小野大輔さんです(音声によるメッセージもありました)。
勘違いしないでもらいたいのですが、ロック・ヴォルナットも主人公ですから、ロックがプレイヤーキャラではなくなったことを発表したわけではありません。ダブルヒーロー制と思っていいんじゃないでしょうか。

番組内で流された新PV(多分、今日中に公式サイトで見れるようになると思いますが)では、クリカラン島最弱のガーター族チーム「ブライト・バッツ」として、エアロの他、グリル、ピック、マックスという3人の少年がいます。これにバレットも含めて1つのチームのようです。

jgonzo > Blog > Announcing Mega Man Legends 3: Prototype Version

ロックの後ろで乗り物に跨っているチョンマゲのゴーグルがバレットです。一部機械になっているところがディグアウターの証とも言えますね。
ロックのデザインが新しくなってますが、これは現在、投票で受け付けているデザイン案のうちB案ですね。前作のデザインを元にリデザインしたB案で仮に進めてるんでしょうか。

こちらも海外で公開されたもので、バレットのデザイン画などが見られます。国内ではニコ生を通しての発表だったので、海外ではYouTubeを使ったのでしょう。かなり短いですがプレイ動画も含まれます。
ニコ生は一般会員だと追い出されることが多いので、次回からそれについて対応してほしいところです。

まず最初に公開された生プレイは、新舞台「テオモの街」に現れたリーバード(お馴染みのホロッコやシャルクルス等)を一掃するミッション。広い街の至る所にリーバードが出現し、人々を悩ませます。
操作は特定の敵をロックオンしながら走れて、同時にバスターも撃てるというDASH2のシステムの延長線上にあり、バレットはバスターを放つことができます。その他、以下のような細かいアクションが確認できました。

  • 敵に背を向けないで後ろに下がる(これにより、敵から離れつつバスターが撃てるように)
  • サイドステップおよびバックステップ(というより、方向調整の利く短距離移動回避かな)
  • 地上でパンチ、空中でキック(敵に向かって直進)
  • ダッシュ(通常より早い移動)
  • 壁を蹴って登る
  • ロックオンできる対象物や目的地の上に距離が数値で表示される

移動の大幅改善、使いやすい格闘攻撃によりかなり遊びやすく、スピード感のある現代的なゲームとなっていますが、DASHらしさは健在です。ここらへんの調整は気を遣ったことでしょう。

リーバード退治の次に、同じ舞台で「フライキャリアー」と呼ばれる宙に浮くバイクにエアロと2人乗りしたリア充デートっぽいおつかいイベントがあり、これも実際にプレイしていました。フライキャリアーでの移動も快適そうです。フライキャリアーは正面にバスターを撃てます。町の人にぶつかると町の人が吹っ飛びます(表現はコミカルです)。

「クリカラン島」(テオモの街がある島)と海を隔てて少し離れた小島ではロケットが作られています。まあ、とある事情で宇宙に残されてしまったロックを地上に返すためにロールとトロンで共同開発してるものでしょうね。
バレットのセリフの言い回しから、バレットはロケットの製作者を知っているようにも感じ取れます。

バレットはプロローグ編のみの主人公ではないかと考えているファンもいるようですけど、それはないと思っています。そしたら、わざわざこんな大々的に紹介しませんし、開発コストかけるところ間違ってます。
私見ですが、ロックをOPのデモでいきなり地上に返すのも面白くない、かといって、自力で地上に帰れるわけでもないので、宇宙でやれることもない。ならば、ロックを地上に返すために地上で働きかける人物を操作できた方がいい。その役割を担うのがおそらくバレットなんでしょう。
そして、思い出してください、DASH開発室に参加したコブン共通の目的・・・それは「ロックを地球に戻すこと」。つまり、私が何を言いたいかというと「バレットはDASH開発室に参加しているコブン(ユーザー)の分身そのものであるのではないか」ということです。殆ど推測ですけど多分そんな感じです。この役割はロックにはできませんからね、必要な選択であったと思います。

<その他>

  • カメラ操作してるような場面はなく、カメラワークがかなり改善されてるように感じました(カメラ固定・手動調整式でない?)。
  • シャルクルスは四つん這いになって迫るアクションが追加されてるらしい(口頭説明のみ)。な、なんてことを・・・w
  • バレットもエアロも会話中モデリングの顔が動いてなかった(口パクがなかった)のですが、これはまだ用意してないだけでしょう。
  • 目的地を目指すミッションの場合、目的地に大きな黄色い矢印が表示される(距離も出る)
  • ボーンメカ募集で採用された「ドンナー・ヴェルス」との戦闘も実装され、これも少し生プレイが見られました(カラーリング変更になったかな?)。

<開発室にトピック追加>
新しいトピック「【NEW】新主人公バレットとは?!」が追加されました(閲覧には要登録)。今回の生放送・発表についての意見・感想を求めています。

開発室は今日中にまた更新されるようです。また、来月のニコニコ生放送「ゲームの時間」にもDASH3が取り上げられます。プロローグ編配信に合わせての放送でしょうね。

メガマンユニバースは残念ながら開発中止になりましたので、DASH3は現在、唯一の、そして、久々のロックマン新作ということもあり、新しい世界はかなり胸踊る光景でした。実際に快適そうに動くバレットの姿を見てこれは早く遊びたい!そのためには、3DSを早くてに入れなければいけない!そう思っているところです。楽しみです、本当に。こんなにわくわくしたのいつ以来だろうか・・・?
今後も応援します。ただのファンでなく、開発員として。体験版が与えられれば細かい意見が出せますからね。

もう4月後半なので、そろそろ更に深く踏み込んだ情報共有がしたいな、開発室。

コメントを残す

Top